赤の魂(携帯版)

バベルの塔

2012年03月15日

「巨人、6選手に高額契約金」

朝日新聞が一面で「爆弾」を炸裂させた。そう、昨年の秋ごろ新聞紙上で話題になった「紙爆弾」が今頃になって点火…。ということは時限爆弾だった…?

朝日一面によれば、同社が入手した巨人内部資料と複数の証言から巨人の「不透明な実態」が明らかになったという。

その内容は97年から2004年にかけて入団した6選手が最高額を遥かに超過する契約金を受け取っていたというもの。阿部の10億円を最高に野間口7億円、高橋由6億5000万円、上原と二岡は5億円、内海は2億5000万円。さらに退団時の功労金として上原に1億2000万円、二岡に7000万円プラス3000万円を支払う契約になっていた。

表に出た数字と大きく違う金銭の授受。当然、矛盾は生じないように手を打つ必要がある。朝日新聞によると超過した契約金の支払いには複数年の分割方式が採用された。野間口に渡された文書にはご丁寧に「球界のルール越え」が判明しないよう分割方式を進める文言が記してあり、巨人自らがルール違反を裏でコントロールしていたことが明確になった。

まとめると巨人が6選手に払った契約金は36億円に上る。平均で6億円。ひとり1億5000万円が最高額なので27億円もオーバーしている。巨人は朝日報道に対して「最高標準」という言い回しを持ち出し「つまり目安で上限はない、違反はない」と反論した。

それどころか「選手のプライバシー、名誉、当球団の名誉と営業上の秘密に関して極めて深刻な影響を及ぼす」と自己の反省も顧みず法的措置を視野に入れている。

この読売グループというところは、いったい何度、同じことを繰り返せば気が済むのだろうか。

巨人のGMだった清武英利氏が涙ながらに「コンプライアンス違反」を訴えたのは昨年の11月11日のことだった。渡辺恒雄球団会長を名指しで批判し「不当な鶴の一声で、愛する巨人軍を、プロ野球を私物化するような行為を許せない」とした。

その後は渡辺氏側が巨額の賠償金を求める訴訟を起こし、その逆もあり泥試合の様相に。しかし、このところ両者の動きを伝える報道は少なくなっていた。

一方で週刊誌などでは清武氏が朝日新聞グループに接近している様子が伝えられていた。しかし巨人からクビを言い渡された清武氏がどんな就職活動をしようとそれは自由だ。頭に血が上った読売グループはあの時、清武氏に痛いところを突かれてそこまで気が回らなかったのだろう。

二岡に「5億」と聞いても別に驚かない。日本ハムでの推定年俸は6200万円まで下がっているが08年、巨人時代には2億円をもらっていたほどの選手だ。98年の巨人ドラフト2位。カープが熱心にマークして、入団へ向け手ごたえを感じていたその年の春ごろから巨人の横やりが入るようになり、カープは東出指名へと方向修正した。

その少し前、二岡とともに元の広島市民球場スタンドに立った。二人で故郷三次のこと、カープのこと、広島のことを話した。広陵中井監督から「野球部史上、最も練習した選手」と聞いていた。高校時代に不慮の事故で亡くなった父親のお墓にも行った。手を合わせる二岡の掌のマメに驚かされた。これほど野球に対して一心な選手に会ったのは初めてだった。

それから数年後、写真週刊誌などで今回の朝日報道と同じような金額が紹介されるようになった。「二岡じゃなくて5岡だよ」などという声も聞こえてきた。

では誰が「二岡」を「5岡」にしたのか?二岡が望んだのか、そうならざるを得ない状況になったのか?二岡のいた近大のグラウンドにも行き、当時の本川貢監督にもインタビューした。同監督は広陵軟式野球部OBだ。今回の朝日新聞報道を目の当たりにして、当時のことが鮮明に蘇ってくる。

二岡がプロの世界に入ってから7年後、読売グループはこの時すでに「自爆装置」を一度、稼働させている。そう2004年、球界再編の嵐とその結末において、だ。

嶋が前日、西武ドームで入団会見を行った。その「赤ゴジラ」が誕生した2004年のちょうど今ごろの話だ。オープン戦で都内のスタジアムに行った際に、読売グループに精通した関係者から驚くべき話を聞かされた。

「おい、お前知っているか?カープがもっと西の方の球団と一緒のスタジアムで野球やるって話を…」

何の事だかよく分からないままその場での話は終わっていた。そしてそれから3カ月のちの6月13日「破滅のシナリオ」が披露された。

「球界再編へ、パンドラの箱に手がかけられた。今年の1月、近鉄が命名権問題で関係各所から袋叩きにされた時とは明らかに様子が違う。近鉄は今日、大阪市内で堂々と会見を開き、今シーズン終了後にオリックスと球団合併することで合意した、と発表した。

「寝耳に水、驚いている」(広島東洋カープ、松田元オーナー)

過去、幾度となく1リーグ制移行へ挑戦してきたパ・リーグなど一部オーナーが「球界全体の活性化」を掲げるその裏で目指すは10ないし8球団による新リーグの結成なのか?

合併を承認する7月7日のオーナー会議に向け、第2の合併が表面化する可能性もあるという。「巨人人気」の凋落と絡み、球界の未来が今、大きく変わり始めた。

(田辺一球著、赤ゴジラの逆襲より)

この時点で3月に聞かされた話にかかっていた霞のようなものがいっぺんに吹き飛んだ。カープがダイエーに取り込まれて消滅する、というシナリオがはっきり見えたからだ。

嶋が首位打者を争う中、シーズンは混とんとしたものになっていく。

7月7日、「七夕の贈り物」(赤ゴジラの逆襲から)はとんでもない代物だった。

「西武、堤オーナーの話からもうひとつの合併が進行中である」「10球団になれば1リーグ制もありえるんじゃなか」「次回9月のオーナー会議に向けて野球協約を改正していく」テレビカメラを前に渡辺恒雄オーナーの独断場が続いた。

無敵艦隊。そんな言葉さえ浮かんでくる、この当時の「オーナー船団」に、その1カ月後に異変が起こった。不沈空母のスクリューに命中した2発の魚雷。1発目には「選手会のスト権投票、支持率98パーセント」と描いてあった。「古田はファンに殺されるぞ」と言い放っていた渡辺オーナーはそのどてっぱらに手痛い一撃を見舞われた。8月13日のことだった。

同じ日、渡辺氏はオーナー辞任に追い込まれた。午前中に東京大手町の読売新聞本社で臨時株主総会と取締役会が開かれ、事前に外部から読売本社に対して、巨人スカウトが明大の一場投手への金銭授与行為を行ったとの情報、イコール2発目の魚雷が打ち込まれた。

情報は事実で三山球団代表らがこれを容認していたため、取締役会で三山球団代表ら3人の解任を決定。そして、渡辺オーナーは社会的責任を取る形で自らの辞任を決定したのだった。

その後はスト決行、阪神の奮闘、ライブドアから楽天へ、と進む中で球界再編の嵐は収束した。「交流戦実施」という唯一の置き土産を残して、である。

「1リーグ制移行」への原動力になるはずだった渡辺空母に打ち込まれた2発の魚雷。その破片が今回の朝日新聞発の魚雷の発射装置を稼働させた。清武氏の発言を引用すれば読売グループは何度でも「コンプライアンス違反」を繰り返す体質にある、ということだ。

そもそもなぜ、巨人はそれだけの巨費を選手に投じるのか?答えは簡単、それだけの価値があるからだ。ではどうやって取り返すのか?これもカンタン、新聞の販売部数維持とそれに伴う広告収入によってである。

ここで注意したいのは「販売部数増」ではなく「維持」だということだ。一場問題の発覚したこの時期、すでに紙媒体の斜陽は始まっていた。と同時に地上波巨人戦の価値も視聴率低迷で下がりつつあった。あれから7年。全国の新聞合計部数は毎月、万単位で減少し、プロ野球中継の主役は地上波ではなくなった。

読売新聞の「部数史上主義」の根本には、巨人初代オーナーの正力松太郎氏の存在がある。拡販を推し進め1958年には読売テレビ放送の会長に就任。メディアを自在に操り、そして1950年代、この国に原発をも持ち込んだ。

当時、新聞、テレビを使って国内各地で「原発のバラ色の未来」を紹介する大イベントを仕掛けたのも正力氏。被爆都市ヒロシマでも「原子力の平和利用」を説いた。

荒っぽいいい方になるが渡辺恒雄氏も「その流れの中」で誕生した人物ということだ。今の肩書は。株式会社読売新聞グループ本社代表取締役会長・主筆。これ自体がおかしい。マスメディアの経営者が一方で記事を書く側の最高責任者。自分の儲けのために自分の思うような記事を書けるのだから、何でもありは当然のこととなる。

読売グループでは今、巨費を投じて超高層の新社屋を建設中だ。新聞という古いメディアの収益体質が悪化する中、周囲の心配の声をよそに渡辺氏が固執した「ナベツネビル」はバベルの塔にならないか?

旧約聖書の「創世記」に記された物語。人類はノアの大洪水ののち、バビロニアれんがで塔を建て、その頂を天にまで届かせようとして神の怒りに触れることになる。

「バラ色の原子力平和利用」というプロパガンダはわずか半世紀で放射性物質をまき散らす化け物に変貌した。津波で負傷した人たちを救えず、カラスに突つかれ見殺しにして、故郷を失った人々を失意のどん底に叩き込み、この国の20年後、50年後に大きな災いをもたらすことになった。米も野菜も粉ミルクも水も肉も魚も全部、安全ではなくなった。

球界再編問題の小さな波のあとに起こったフクシマ暴走という「大洪水」。東電が様々な外部からの忠告を黙殺してその数日後に巨大津波に見舞われたのはまさに神の怒りに触れたからにほかならない。

「破滅のシナリオ」は自らが書き上げるものではない。反省なき組織に、神の見えざる手によって用意されるものなのである。



一覧へ戻る

モバイル 広島魂

「第4回コイのサミット」開催のお知らせ

2014年3月22日(土)に「第5回コイのサミット広島」を開催いたします。

「早く日取りを決めて欲しい!」という熱い声にお応えして、日時と場所だけ確定いたします。パネリストの方の人選など不確定な部分もございますがご了承ください。
みなさん最大の楽しみ!二次会の予約も済ませました。場所はもちろんHarayaさんです。今回もまたファン同士の結束を高め(要するに飲み会…)、1991年以来のリーグ優勝を目指すべく熱いシーズン開幕を迎えましょう!

なお初めての方も大歓迎です。私、田辺一球が楽しく!?お相手いたします。もちろんお一人様も大歓迎いたします。

翌3月23日(日)にはマツダスタジアムで午後2時からソフトバンクとのオープン戦が開催されます。しかも3連休の真っ只中です。楽しい「広島ツアー」にしていただければ幸いです。(宿泊施設のご用意はいたしませんので各自でお願いいたします)

★日時)2014年3月22日(土)午後2時「本会議」スタート予定(午後1時30分受付開始予定)※開始時間は、若干変更になる可能性もあります。詳細は、お申込みいただいた方にメールなどで通知いたします。

★会場) ウエストプラザビル2階ホール(広島市中区紙屋町2-2-2、TEL 082-504-3131)

★アクセス) 広島ど真ん中、紙屋町交差点からすぐ。高速バスなら広島バスセンター下車、広島電鉄なら紙屋町電停下車で徒歩数分、JR広島駅からタクシー15分以内。山陽自動車道広島ICより約6キロ。駐車場は用意されておりませんので近隣でお探しください。

★会費) おひとり様3,500円(税込、ドリンク&食事付き)中学生以下は無料。会費は当日、サミット開催前に受付で集めさせていただきます。おつりのないよう、ご用意ください。

★募集定員) 40名ぐらい…

★パネリスト)田辺一球(広島魂!代表)以外は未定

★サミット参加のお募集申込み方法
「本会議」とそのあとの「二次会」の2部構成です。「一球調査団」は、今回は実施しない方向です。「本会議」会場から「二次会」会場まではたぶん、徒歩でも行くことができます。路面電車利用の場合は実費のご負担となります。

参加希望の方は、メールで以下の項目を明記の上、お申し込みください。なお、会費を当日いただくこともあり、キャンセルは極力避けていただきますようお願いいたします。

・お名前 
・住所(郵便番号)
・年齢
・2人以上でご参加の場合は残る参加者全員のお名前と年齢
・あなた様、もしくは代表者連絡先電話番号(メールがお返しできない場合がございます。その際にお電話します)
・「二次会」参加の有無(お申込みのあと二次会のキャンセルは極力、避けていただきたいと思います)
・サミット参加回数(今回含む)
・その他、ご要望、ご質問など

Twitter

覚醒スイング

2013年04月07日更新

お立ち台に上がったふたりのヒーローが、冷たい風の吹きつけたデーゲームのスタンドを熱くした。

「常にみんな声が出ていて、点が入りやすいムードができていたと思うし、みなさんの応援もすごく僕らにとって大きな存在なので、本当にありがとうございました」

4打数で2得点3安打1打点と1四球の活躍を見せた丸がファンにメッセージを送ったあと、マイクを向けられたマエケンが言った。

「チームの状況は苦しいですけど、ファンの皆さんはちょっと暗いです。明るく笑って球場に来てください!」

開幕第2戦で8回1失点の投球を見せながら“不発”に終わったマエケンは、東京ドームでも投げていた130キロ台中盤の高速スライダーを組み立ての中心に据えた。WBCを経験したことで「帰国してから腕が振れるし意外にスピードが出ている」真っ直ぐに変化を感じ取り、スライダーも同じ勢いで振り抜くことができた。

「一番の西岡さんはもちろん、どの打順も怖い」という阪神打線を相手に終わってみれば7回2安打1四球の無失点とほぼ完璧に抑え込んだ。真っ直ぐと高速スライダー、それにチェンジアップを低目に集め、外野に飛ばされたのは西岡の中前田、福留の左飛、コンラッドの中飛の3度だけだった。

6対1快勝の原動力がマエケンの投球内容にあったのは間違いない。だが、打線の援護がなければエースと言えども勝ちようがない。

「二番の丸がいっぱい出ていっぱい帰ってきてくれました!」。ヒーローインタビューの初っ端にマエケンはそう叫んだ。試合の流れを作ったのは8試合消化時点で早くも3度目の猛打賞獲得し、一、二回と立て続けにナイス走塁でホームに還ってきた丸だった。

打つだけではない。走っても守っても球界トップレベルの水準を目指す。丸の“イチロー化計画”は新井打撃コーチの就任と同時にスタートした。

「バッティングは力じゃない、スイングスピードとレベルスイング、そしてボールを見送る姿勢の中にいかに打ちにいく形を作るか、だ」。新井理論をナインに浸透させる作業は前年秋の日南キャンプでその第一歩を踏み出した。

新井コーチが真っ先にやったこと。それはひとりひとりのバットの形状、グリップの形、バランス、重さのチェックだった。

丸のバットはそれまで使用していたものより30グラム前後軽量化され、“スイングスピードの高速化”を可能にした。同時にこれまでダウンスイングをイメージして、構えた時に両肩のラインより高い位置に固定していたグリップを、同ラインのかなり下まで降ろした。

「打撃改造」には勇気がいる。だが丸には迷っている時間はなかった。2011年に初めて規定打席に到達して105安打を放ったのに2012年は70安打を放つのが精一杯だった。目の前に大きな壁があることは分かっていた。2000本安打の新井理論を吸収することで覚醒する自分に賭けた。

2月、再び日南に入るやいなや反復練習が始まった。「レベルスイング」への移行は簡単ではなかった。「まだまだ、自分のものにするには相当かかると思います」。キャンプ序盤は試行錯誤の連続だった。

それでもシート打撃や紅白戦が始まると、丸のバットから快音が響くようになった。グリップの位置が下がったことでスイングが以前と比べてずいぶんシンプルになった。肩の余分な力も抜けたように見えた。

オープン戦の時期になっても極端にバッティングの状態が悪くなるようなことはなくなった。「外の球をとらえることができている。精度をもっと高めたい。手ごたえは感じています」。テーマのひとつだった「確実性」が増してきた。

試合前、新井打撃コーチが上げるトスを打つ、というルーティンはマツダスタジアムでも遠征中でも3月いっぱい続けられた。最初は外角の球を強くショート頭上へ強く打ち返せるように丸から見て左45度の角度から、続いて新井コーチが丸の正面に入り、ネットの影から上げるトスをフルスイングした。

新井コーチには、かつてイチローの打撃スタイルの基本を、このトスバッティングで固めた実績と経験、もっと言えば信念がある。同じ道を歩むことで丸のバットの軌道はそれまでとはまったく違ったものになり始めた。地面と平行にバットのヘッドを移動させ、最後の大きなフォロースルーと同時に風を斬る音が聞えてきた。

オープン戦の時期にはもうひとつのテーマにも挑戦した。オープンスタンスから右足を上げて踏み込もうとすると、相手投手が「クイック」で崩しにかかってくるようになったからだ。

自分のタイミングで打とうとすれば上げた足を降ろした時には完全に差し込まれてしまう。そこで上げた右足を途中で早めに一度、地面と接触させ軽くステップして本来の踏み出し位置に右足を着地させる「二段ステップ」に打撃フォームをアレンジした。

守ること、走ることにおいてもキャンプからワンランク、ツーランク上を目指して丸はやってきた。打つだけではレギュラーにはなれない。同時並行であらゆる課題に取り組みながら丸は2013年シーズンを迎えることになった。

日南キャンプ終盤、丸や安部の屋内打撃練習を見守りながら新井コーチが話し始めた。

「よく少年野球の本などに体重を残して振りにいき、そこからもう一度体重移動などと書いてあるがそれは間違い。それではスウェーしてしまう。ステップして着地した時にピッチャーに向かっていく形ができていれば体重移動していてもOK、言い換えれば下半身は打ちにいく、しかし上半身は残すんです。そしてみんな試合で10の力で振ろうとするけど練習10なら試合は8ぐらいでいいんですよ」

新井理論の引き出しはおそらく無数にあるはずだ。打球音とマシンの油切れの音が一定のリズムで繰り返される現場で話はなおも続けられた。

「ヘッドがうまく使えないとバットが折れたりもするんですよ。そのためにはまずバットの握りから変えなくてはいけない選手もたくさんいる。そうやってヒットを重ねていく。うまくいけば280には届く。その先、いかにして300をクリアするのか?そこにはラッキーなヒットや内野安打も当然、必要になってくるんです」

話の最後に新井コーチ自らが口にした「打率3割」の目標に到達できる愛弟子は果たして…?かつて神戸の空の下、「前人未踏のシーズン200安打」を可能にした新井理論とイチローの振り子打法が紡いだ物語。その続編がこの広島でまさに今、始まろうとしている。

カープと広島を愛する人たちに贈る携帯サイトの決定版。テレビやラジオより速く、新聞より詳しく、雑誌より感動できるカープナインの365話物語。田辺一球責任編集。すでに7年以上、一日も休むことなく続くカープコラム「赤の魂」やカープ情報や新球場問題などを速報する「ニュース速報」他サイトと比較して一目瞭然の「試合速報」現場で集めた「ファーム情報」携帯サイト読者とメールのやりとりする中から新たなコミュニティーを創造する「コイの季節をあなたにも...」。5つのコンテンツで税込み178円です。なお、携帯サイトと当HPをリンクさせ、全国から集まったみなさんの声をカープと新球場の未来のために同携帯サイト上や当HP上、あるいはスポーツコミュニケーションズ・ウエストが発行する書籍内において掲載させていただくことがありますのであらかじめご了解ください。

LINK

デイリースポーツ

二宮清純

広島東洋カープ

良縁の大進

HFM

Wink